Accense Technology

ご購入・お問い合わせ
Fullflex RADIUS Bridge

Fullflex RADIUS Bridgeは、外部システム連携用のFullflex RADIUSソリューションパックです。 RADIUSクライアントからの認証要求パケットを受信すると、連携用プログラムへ認証処理を移譲します。この連携用プログラムが「繋ぎ」となり、様々なシステムとRADIUS認証との連携を実現します。

LDAP、ActiveDirectory、RDBMS製品との連携はもちろん。昨今急増している「ワンタイムパスワード」「二要素認証」などの認証方法も、或いはお客様独自の認証システムも、既存のネットワーク機器がRADIUS認証に対応していれば、Fullflex RADIUS Bridgeが仲介して認証ソリューションを実現することが可能です。「連携用プログラム」は、お客様ご自身で作成することも、カスタマイズオプションで提供することも可能です。

図1

製品の特長

RADIUS認証を、RADIUSから切り離して連携用プログラムへ移譲します

RADIUS認証要求パケットを受信すると、連携用プログラムを起動しパケットの内容を入力します。連携用プログラムは、データベース参照や認証システムとの連携を行い、応答内容を決定します。

連携用プログラムはプログラミング言語を問いません

連携用プログラムは、JSON形式のデータを標準入出力を利用して受け渡しが可能であれば、プログラミング言語は問いません。シェルスクリプトなどもご利用可能です。

「RADIUSの技術知識」は必要ありません

連携用プログラムはRADIUSプロトコルから切り離されているので、RADIUSプロトコルの知識は必要ありません。インターフェース仕様と連携用プログラム作成に関するQ&Aも提供いたします。カスタマイズオプションで連携用プログラム自体を提供することも可能です。

連携用プログラムについて

連携用プログラムは、標準パッケージには含まれておりません。パートナー様またはエンドユーザ様にご用意いただくか、カスタマイズオプションにてご提供いたします。

導入パターン① 連携用プログラムをお客様にご用意いただくパターン
図2

連携用プログラムをパートナー様またはエンドユーザ様にてご用意いただきます。インターフェース仕様と連携用プログラム作成に関するQ&Aも提供いたします。JSON形式のデータを標準入出力を利用して受け渡しが可能であれば、プログラミング言語は問いません。シェルスクリプトなどもご利用可能です。

導入パターン② 連携用プログラムをカスタマイズオプションで購入頂くパターン
図3

カスタマイズオプションにて、本製品の機能として提供いたします。事前にヒアリング・要件定義を行い、機能内容を決定いたします。

連携システム例

※上記以外のシステムについてもご相談下さい。

試用版について

試用版をご用意いたしますので、ご要望の方はお問い合わせフォームにてご連絡ください。その際、ご用途やご案件内容等いくつかお伺いしますのでご教示ください。機能的な制限はありませんが、登録ユーザ数や試用期間などの制限(製品によって異なります)があります。 また、再配布はできませんので、ご注意ください。
試用版のお申込み

購入方法

販売代理店一覧をご覧いただくか、直接弊社営業部までご連絡ください。
ご購入のお申込み

購入後の保守及びサポート

弊社では製品購入後の保守およびサポートを「年間技術支援」と呼んでいます。
年間技術支援には、次の内容が含まれます※1
  • メールまたは電話での質問に回答いたします
  • 『Fullflex』のマイナーバージョンアップを無償で提供いたします※2
  • 『Fullflex』のメジャーバージョンアップについても優待価格で提供いたします※2
  • ハードウェア入れ替え時などに必要なライセンスキーの再発行をいたします (原則年1回まで)
ご購入いただく際には、ライセンスとセットで年間技術支援料金をご提示しております。
詳しくは製品サポートページを御覧ください。
製品サポート
※1 カスタマイズした製品の年間技術支援契約については、個別にご提示しております。
※2 メディアや配送料、入れ替え費用や作業などは除きます。