Accense Technology

ご購入・お問い合わせ
Fullflex RADCON

Fullflex RADCONは、RADIUS属性の編集機能に特化したProxy RADIUSです。
受信したRADIUSパケットを設定したルール通りに属性を編集し転送します。RADIUSクライアントとRADIUSサーバの仕様の差異を調整し、RADIUSパケットの通信を実現させます。

図1

製品の特長

柔軟なルール設定が可能な多機能RADIUS属性編集

Fullflex RADCON の属性編集機能はとても多機能です。どのような条件の時にどのように編集を行うのかを、柔軟に、詳細に設定することが可能です。

この1台で、多くの機器との調整が可能

レルム判定によるProxy RADIUSとして動作しながら属性編集を行うので、多くの機器との間を仲介することが可能です。


利用シーン

RADIUSクライアント機器とRADIUSサーバは、多種多様な製品が存在するため、「対応しているRADIUS属性が異なる」「RADIUS属性の値の形式がことなる」など、仕様の差異が問題となるケースが多くあります。とはいえ、ネットワークを支える重要なシステムであるため、容易にカスタマイズや交換が行えません。
そこで、両者の間にFullflex RADCONを設置し調整役として活用することで、既存のRADIUSクライアント機器、RADIUSサーバをそのまま利用することが可能です。

ISPの合併、サービスの統合など、既存とは異なるの仕様の機器が加わる時に 提携する事業者が増えればおのずと機器の種類も増え、独自仕様の機器の存在が問題となりやすいケースです。

通信事業者のRADIUSと、ユーザ企業のRADIUSの仕様が合わない時に ユーザ企業のRADIUSは多種多様で、事業者側のRADIUS仕様に合わせられないケースがあります。

海外へのローミングなど、多種多様の機器が存在するサービスに 提携する事業者が増えればおのずと機器の種類も増え、独自仕様の機器の存在が問題となりやすいケースです。

ログシステムや監視システムが必要とするログ情報が無い時に ログ出力情報を追加する目的で、特定の条件時にある属性を追加する、という応用活用も可能です。

試用版について

試用版をご用意いたしますので、ご要望の方はお問い合わせフォームにてご連絡ください。その際、ご用途やご案件内容等いくつかお伺いしますのでご教示ください。機能的な制限はありませんが、登録ユーザ数や試用期間などの制限(製品によって異なります)があります。 また、再配布はできませんので、ご注意ください。
試用版のお申込み

購入方法

販売代理店一覧をご覧いただくか、直接弊社営業部までご連絡ください。
ご購入のお申込み

購入後の保守及びサポート

弊社では製品購入後の保守およびサポートを「年間技術支援」と呼んでいます。
年間技術支援には、次の内容が含まれます※1
  • メールまたは電話での質問に回答いたします
  • 『Fullflex』のマイナーバージョンアップを無償で提供いたします※2
  • 『Fullflex』のメジャーバージョンアップについても優待価格で提供いたします※2
  • ハードウェア入れ替え時などに必要なライセンスキーの再発行をいたします (原則年1回まで)
ご購入いただく際には、ライセンスとセットで年間技術支援料金をご提示しております。
詳しくは製品サポートページを御覧ください。
製品サポート
※1 カスタマイズした製品の年間技術支援契約については、個別にご提示しております。
※2 メディアや配送料、入れ替え費用や作業などは除きます。